今日の院長

2017.03.29更新

口臭の原因となる要素は、「生理的原因」「病的原因」「外的要因」

「内的要因」の4つに分類することができます。

「病的原因」は歯周病や虫歯、胃のトラブルによって口臭が発生します。

歯周病により歯茎が弱って出血した部分や、歯茎が痩せて歯と歯茎の間が広がった部分に

汚れが溜まると、それを細菌が分解することで揮発性ガスが発生し悪臭となります。

虫歯による口臭は、蝕まれた歯の穴に溜まった汚れを細菌が分解することで起こります。

また、虫歯が進行して歯の神経が腐ったような状態になってしまうと、

そこから強い悪臭を発生することもあります。

歯周病や虫歯が原因ならば治療で防ぐことが出来ます。

 

投稿者: おくだ歯科医院