今日の院長

2017.06.19更新

アフタ性口内炎


円形・楕円形の白っぽい色をした潰瘍ができる口内炎です。

潰瘍部分の縁が周囲よりも赤くなり、物が触れると強い痛みがあります。

原因はわかっていませんが、過労、ストレス、ビタミン不足などによる免疫力の低下、

べーチェット病や潰瘍性大腸炎などの全身疾患に伴うこともあります。

また、機械的刺激や口の中の不衛生が引き金となる場合もあるようです。

カンジダ性口内炎


口腔内が不潔な状態が続いたり、栄養失調などで免疫力が低下したりしたときに、

口腔内の常在菌であるカンジダ(かびの一種)が異常増殖して発症します。

灰白色あるいは乳白色の膜が発生します。

投稿者: おくだ歯科医院