今日の院長

2017.08.22更新

知覚過敏の予防は毎日の正しい歯ブラシにあります。

また、歯磨き粉に配合されている「研磨剤(歯磨剤)」がエナメル質や

象牙質を傷つける可能性がありますので、歯磨き粉を大量に付けて歯磨きをする

のではなく、少量だけ使用して歯磨きをする習慣をつけることも大切です。

しみるからと言って歯ブラシをさぼってしまうと虫歯や歯周病になって

しまいますので、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使用してください。

投稿者: おくだ歯科医院