今日の院長

2017.09.06更新

酸蝕症とは、酸の作用によって、歯質の表面が徐々に溶解していく病気です。

酸性食品の代表は、清涼飲料水やスポーツドリンクです。
 
どちらも多くの方が日常的に口にしている食品です。
 
その他、酢の物やワインなども酸蝕症の原因となりやすいです。

体にいいとされている食品でも取り過ぎは歯に良くありません。

投稿者: おくだ歯科医院