今日の院長

2017.10.31更新

口臭の原因には様々なものがありますが、その原因の90%以上はお口の中の

細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。

この「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」と「お口の衛生状態」が

特に重要になりますが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども

口臭の原因になりえます。

また、実際には口臭が無いのに、本人が気にしすぎるために口臭があると

感じてしまう「自臭症」も、かなりの割合で見られます。

 

投稿者: おくだ歯科医院