今日の院長

2017.11.14更新

歯ぎしりで歯がすり減ったり、知覚過敏がなかなか治らなかったりして

悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

歯ぎしりは歯を失う原因にもなり、歯や顎に大きなダメージを与えます。

歯ぎしりの原因は主にストレスと言われています。

ストレスは自分では 気づかずに歯ぎしりとして現れることもあります。

現代社会においてストレスは切り離せないものですが、マウスピースなどで

歯や歯茎・アゴを守ることも大切です。

投稿者: おくだ歯科医院