今日の院長

2017.12.09更新

唾液の減少が顕著な症状として現れるのがシェーグレン症候群です。

自分の身体にも過剰に反応して攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつである

シェーグレン症候群は、主に涙腺や唾液腺に障害を起こし、乾燥症状を招く病気です。

年齢は50代をピークに圧倒的に女性に多く、その男女比は1:14と言われています。

また、この病気は口腔内だけでなく目や関節など全身が乾く病気のです。

投稿者: おくだ歯科医院