今日の院長

2018.05.23更新

今日は午後から雨の予報です。

気温も下がるそうです。

雨が降る前に頭痛や節々が痛くなることがあります。

これを天気痛と言います。

降る前に酔い止めの薬を服用すると良いそうです。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2018.05.22更新

先週は暑くなりましたがこのところ涼しい清々しい気温になっています。

この変化で体調を崩される方も多いと思われます。

自律神経が乱れる方も多いそうです。

天気予報で確認して遅くなる方は上着を持って外出したほうが

良いでしょう。

投稿者: おくだ歯科医院

2018.05.19更新

ご迷惑おかけいたしました。

火曜日より診療再開させていただきます。

投稿者: おくだ歯科医院

2018.04.04更新

三月の平均気温が例年に比べ高かったそうです。

あっという間に桜が咲きそして散り・・・

うっすら汗ばむような気温が続いています。

土曜日に雨が降るとまた下がるそうですが過ごしやすい陽気が

昔に比べて減った気がしますね。

投稿者: おくだ歯科医院

2018.04.03更新

知覚過敏の一番の原因は歯ブラシの仕方にあります。

強い力で横磨きして歯茎まで擦っていませんか?

柔らかめのブラシで丁寧に磨くように心がけて下さい。

また、酸の摂り過ぎもエナメル質を柔らかくしてしまいます。

すっぱいものを飲食した後は中和させるためにチーズや牛乳などを

摂取すると良いでしょう。

 

 

 

投稿者: おくだ歯科医院

2018.04.02更新

冷たい飲み物を飲んだり、歯をみがくとしみることはありませんか?

歯周病や加齢により歯肉が下がったり、間違った方法での歯みがき、

歯ぎしり等によって歯が削れてしまうことがあります。

すると、冷たいものや熱いものを口に含んだ時や歯みがきの時の刺激が

歯の神経に伝わって、しみるような一時的な痛みを感じます。

これからの季節は冷たい飲食が増えますので正しい歯磨きを心がけて

知覚過敏にならないように注意しましょう。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2018.03.31更新

唾液には重要な働きがあります。

・発声の潤滑化

・食べ物処理の補助

・喉の渇き抑制

・口腔環境を清潔に保つ

赤ちゃんに虫歯が少ないのは唾液によって口腔内が清潔に保たれているからです。

唾液が少ないと感じたらこまめにうがいをして口の中を

きれいに保つよう心掛けて下さい。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2018.03.30更新

今日は本来の気温だそうです。

でも、昨日の上着のいらない気温からグッと下がって

北風も吹くので寒く感じるとの事。

確かに外に出てみると冷たい風が吹いていました。

油断せずに暖かい服装でお出かけください。

投稿者: おくだ歯科医院

2018.03.28更新

唾液の出にくくなる病気としてシェーングレン症候群があります。

また、眼症状でドライアイなどになる症状もあります。

口腔症状はドライマウス(口腔乾燥症)で、自己免疫現象により自らの

唾液腺が破壊され唾液の分泌が減少により味覚変化、口内炎の好発や

乾燥が喉まで至り食べ物が喉を通らなかったり、声のかすれも出てきます。

また他覚的な症状としては舌乳頭の萎縮で舌が平坦になることが特徴です。

他に関節、筋肉、腎臓、甲状腺、神経、皮膚、肺などで様々な症状をきたします。

投稿者: おくだ歯科医院

2018.03.27更新

4月9日から休診いたします。

再開はホームページにてお知らせいたします。

7日までは痛みの応急処置・白い歯にするための相談のみと

させていただきます。

投稿者: おくだ歯科医院

前へ