今日の院長

2016.11.30更新

疲れが溜まったり体調がすぐれない時に歯茎が腫れることがあります。

歯槽膿漏の急性発作です。

この場合、歯ブラシで強く擦らず薬用うがい薬で消毒して下さい。

なかなか腫れがひかない時は速やかに歯医者さんへ行ってください。

顔まで腫れると大変なことになります。

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.29更新

空気が乾燥しています。

身体の保湿だけでなくお口の中も乾かないようにしましょう。

近頃、口が乾く・・・と、思われる方は唾液が出ていないのかも知れません。

唾液は虫歯や口臭予防に役立つ大切なものです。

唾液の出にくくなる病気もありますので気になる方はご相談ください。

 

 

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.28更新

今年も残り約一カ月になりました。

そろそろ大掃除を・・・と、忙しくなります。

年末年始に歯が痛いということのないように、気になるところが

あれば早めに歯医者さんへ行ってください。

何もなくても歯のお掃除だけでもするとさっぱりした気分になりますよ。

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.26更新

口内炎は市販薬もいっぱい出ています。

でも、なかなか治らないのなら歯医者さんへ行くようにして下さい。

おくだ歯科医院ではレーザーでの治療をします。

市販薬より効果のあるお薬も処方いたします。

暴飲暴食の増える時期ですのでなるべくバランスの取れた食事をして

口内炎にならないようにして下さい。

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.25更新

木曜日は予報通りに雪でした。

本当に寒かった。いやいや空気が痛かった。

数日前は暖かかったのに・・・気温の変化についていけません。

インフルエンザも流行の兆しです。

うがい・手洗いをしっかりして年末に備えて下さい。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.22更新

この口内炎による原因ははっきりと解明されていませんが

ストレス・ビタミンB不足・胃腸が悪いなどになります。

一二週間で自然治癒しますが、長引く場合はベーチェット病などの病気や

服用中の薬に原因があることがあります。

 

 

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.21更新

原発性口内炎とは口腔内の粘膜が物理的刺激にさらされたり、

ウイルスに感染したりすることで発生する口内炎の事です。

歯物理的刺激が原因とは磨きが不十分な事や入れ歯・矯正器具・熱い食べ物・

化学薬品などのことです。

また、口の中の粘膜が、ヘルペスウイルスに感染することで発生することも

原発性になります。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.19更新

雨が降っていても室内の湿度は40%もありません。

空気が乾燥しています。

こまめに水分の補給をして下さい。

口の中が乾くとのども痛くなってしまいます。

また、唾液の出にくい方は特に注意して下さい。

虫歯や口臭になりやすくなります。

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.18更新

口を開けると顎が痛い。

顎がガクガクと音がする。

原因不明の頭痛や肩こりがある。

などの場合、顎関節症の可能性があります。

悪化する前に歯医者さんで治療しましょう。

投稿者: おくだ歯科医院

2016.11.16更新

知覚過敏が悪化してしまうとご自身では対処出来なくなり、

歯医者さんへ行っての治療になります。

まず、❛しみ止め❜の薬を何度か貼付して様子を見ます。

それでも改善しない場合は歯の神経を抜きます。

神経を取り除く治療は時間がかかってしまいますので

軽度なうちにブラッシング方法を変えるなどしてみてください。

また、歯医者さんではブラッシングの指導もしていますので

お気軽にご相談ください。

投稿者: おくだ歯科医院

前へ