今日の院長

2017.03.14更新

健診ってなかなか行けませんよね。

だから歯のお掃除を定期的に行くことにしたらいかがですか?

歯垢・歯石・着色を痛みなく除去でき歯周病も防げます。

奥歯や歯の間など歯ブラシではなかなかできない場所も

きれいになります。

歯医者さんで〝スケーリングお願いします〟と、言えば

健診より気楽だと思います。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.13更新

なんだか一月二月より寒く感じます。

特に南池袋周辺はビル風の影響もあって風が強く

我が家のぽちなんて飛ばされそうな時もあります。

陽が延びて夕方でも明るいのが救いです。

三か月予報では今年は例年に比べ気温が低いそうです。

暖かくなるまではまだまだかかりそうですね。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.11更新

もう、6年になります。

あの日は本当に悲惨でした。

家に帰ってから津波の恐ろしさを知り、自然の恐ろしさを

再確認した日でした。

まだまだ復興していません。

そして余震も続いています。

月日が流れると忘れてしまいがちですが、忘れてはいけないこともあります。

被災された方の身になって出来ることを続けていかなければなりません。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.10更新

口内炎の原因はビタミン不足や食生活の乱れ、ストレス、

バイ菌感染など様々です。

どんな原因でも痛いのには変わりありません。

おくだ歯科医院ではレーザーで治療します。

市販薬で治りが悪いのなら面倒でも歯医者さんへ行くことをお勧めします。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.08更新

春になるまでは仕方ないと思っていてもこの寒さ。

真冬より寒く感じてしまいます。

でも、花粉は飛んでいるし・・・

体調管理が難しい季節ですから十分に気を付けて下さい。

まだまだ冬の格好でお出かけください。

戻られたらうがい・手洗いも忘れずに!

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.07更新

歯茎から顔まで腫れてしまったら冷たいもので冷やすと気持ちいいですが

良いことではないのでやめて下さい。

水で浸したタオルくらいなら大丈夫ですが、冷やしすぎると固まってしまいます。

抗生物質の服用や切開だけで引けばいいのですが、それでもダメなら

点滴や入院になってしまうこともあります。

そうなる前に受診が大切です。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.06更新

季節の変わり目で体調を崩すと弱いところに出たりします。

歯茎が弱い方は腫れることがあります。

そんな時は歯ブラシであまりこすらないようにして下さい。

そして速やかに歯医者さんへ行くようにして下さい。

歯茎の腫れくらい・・・なんて後回しにしていると危険です。

菌が全身に回って命取りのこともあります。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.03更新

歯ブラシのほかにも歯間ブラシやデンタルフロスなどを

使用している方も多いと思います。

歯ブラシではなかなか歯間まではとれません。

無理して歯茎を傷めてしまうこともあります。

歯間ブラシにはサイズがありますので使用するときには

ご自分に合ったものを利用して下さい。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.03.01更新

冷たい飲食で歯がしみるのは辛いですよね。

知覚過敏は自分に原因があるかも知れません。

歯ブラシで歯茎まで強くこすっていませんか?

歯と歯茎の境目は優しくブラッシングして下さい。

気になったら直ぐに歯医者さんへ行くようにして下さい。

軽度の場合なら‘しみ止め’の薬の貼付だけで治ります。

 

投稿者: おくだ歯科医院

前へ