今日の院長

2017.05.31更新

毎日の歯ブラシが一番予防に効果があります。

一本一本丁寧に磨き、歯と歯の間には歯間ブラシやデンタルフロスなどを

上手に使い、食べかすなどを残さないようにブラッシングしてください。

また、歯医者さんでの定期的なお掃除をお勧めします。

歯垢・歯石・着色をきれいに落としてもらえます。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.30更新

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し

歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、

歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、自然に抜けてしまうか

抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.29更新

週間予報だとしばらく暑い日が続くそうです。

蒸し暑くなると心配なのは食中毒。

菌が繁殖しやすくなるからです。

お口の中も同じで気温と湿度が上昇すると歯周病菌の動きが

活発になり腫れやすくなります。

こまめにうがいをして口腔内を清潔に保つよ心掛けて下さい。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.26更新

毎日の歯ブラシで落としきれない歯垢・歯石・着色は歯医者さんでの

歯石除去(スケーリング)をお勧めします。

歯周病予防になりますし、磨きにくい奥歯の隙間まできれいに落とせます。

昔のように器具を使って手で取るのではありませんので痛みもなくできます。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.24更新

歯を磨く時、力強くゴシゴシ磨いていませんか?


力強く磨くと歯や歯ぐきを傷つけてしまい、逆に虫歯や歯周病になりやすく

なってしまいます。

歯ブラシが強く抑えられることで毛先が倒れてしまい、歯垢がうまく取れなくなります。

歯ブラシは歯に軽く当てる程度で磨く時もおさえこまないように磨きましょう。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.24更新

歯を磨く時、力強くゴシゴシ磨いていませんか?


力強く磨くと歯や歯ぐきを傷つけてしまい、逆に虫歯や歯周病になりやすく

なってしまいます。

歯ブラシが強く抑えられることで毛先が倒れてしまい、歯垢がうまく取れなくなります。

歯ブラシは歯に軽く当てる程度で磨く時もおさえこまないように磨きましょう。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.23更新

入れ歯による物理的なものが舌痛症の原因であれば、入れ歯を口にあったものに代えれば

舌が刺激されなくなりますから、それで治療できます。

金属製のアレルギーの場合も、原因となる詰め物の素材を作り直せば治療できます。

そのような心当たりがない場合は、心理的なものが原因であることが多いため、

普段から舌のことを気にかけないようにすることが重要です。

また、漢方薬での治療方法もあります。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.20更新

舌痛症とは、舌に病変や、お口の中に痛みの誘発原因が認められないにもかかわらず、

舌に慢性的な痛みやしびれなどの症状がみられる病気です。

舌痛症は心因的要因が大きいとされており、心身症の一種として

治療を行われることが多いとされています。

男女とも30代~50代前半で、とくに更年期前後の

女性に多くみられるといわれています。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.19更新

これから気温や湿度が上昇するとともに食中毒が流行るように

歯茎も腫れやすくなってきます。

こんな時には歯ブラシで強くこすらないでください。

薬用のうがい薬で消毒してください。

そして早めに受診するようにしてください。

顔が大きく腫れてしまうと「蜂窩織炎」という、重症になってしまいます。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.17更新

疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」

ウイルスや細物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

「アレルギー性口内炎」・「ニコチン性口内炎」と、

様々な原因があります。

市販薬もいろいろありますが早く治したいならご相談ください。

おくだ歯科医院ではレーザーで治療いたします。

 

 

投稿者: おくだ歯科医院

前へ