今日の院長

2017.05.24更新

歯を磨く時、力強くゴシゴシ磨いていませんか?


力強く磨くと歯や歯ぐきを傷つけてしまい、逆に虫歯や歯周病になりやすく

なってしまいます。

歯ブラシが強く抑えられることで毛先が倒れてしまい、歯垢がうまく取れなくなります。

歯ブラシは歯に軽く当てる程度で磨く時もおさえこまないように磨きましょう。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.23更新

入れ歯による物理的なものが舌痛症の原因であれば、入れ歯を口にあったものに代えれば

舌が刺激されなくなりますから、それで治療できます。

金属製のアレルギーの場合も、原因となる詰め物の素材を作り直せば治療できます。

そのような心当たりがない場合は、心理的なものが原因であることが多いため、

普段から舌のことを気にかけないようにすることが重要です。

また、漢方薬での治療方法もあります。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.20更新

舌痛症とは、舌に病変や、お口の中に痛みの誘発原因が認められないにもかかわらず、

舌に慢性的な痛みやしびれなどの症状がみられる病気です。

舌痛症は心因的要因が大きいとされており、心身症の一種として

治療を行われることが多いとされています。

男女とも30代~50代前半で、とくに更年期前後の

女性に多くみられるといわれています。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.19更新

これから気温や湿度が上昇するとともに食中毒が流行るように

歯茎も腫れやすくなってきます。

こんな時には歯ブラシで強くこすらないでください。

薬用のうがい薬で消毒してください。

そして早めに受診するようにしてください。

顔が大きく腫れてしまうと「蜂窩織炎」という、重症になってしまいます。

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.17更新

疲労や免疫力の低下が原因と考えられる「アフタ性口内炎」

ウイルスや細物理的刺激によって起こる「カタル性口内炎」

菌の増殖が原因の「ウイルス性口内炎」

「アレルギー性口内炎」・「ニコチン性口内炎」と、

様々な原因があります。

市販薬もいろいろありますが早く治したいならご相談ください。

おくだ歯科医院ではレーザーで治療いたします。

 

 

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.16更新

口を開けにくくなった。

ガクガク音がする。

原因不明の肩こりや頭痛・・・顎関節症かもしれません。

かみ合わせやストレス、歯ぎしりなどが原因の一つです。

顎関節症は保険で治療できますので、気になる方はご相談ください。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.15更新

噛むという行動は脳に刺激を与えます。

それは入れ歯でも差し歯でも噛めればいいのです。

合わない入れ歯で使っていないのなら調整したり、

新しいものを作ることをお勧めします。

体形と同じように口の中の形も変わっていきます。

以前に作ったものから6か月で保険でまた作れます。

保険の入れ歯なら金額も高くありませんのでご相談ください。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.13更新

昨日から比べると10度ほど気温が下がるそうです。

風邪やインフルエンザも騒がれていませんが流行しています。

しかも治りにくいそうです。

食中毒も危険な季節になりました。

体力が落ちるとかかりやすくなりますのでお気を付けください。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.05.10更新

長い間、ご迷惑をおかけいたしましたが

13日から診療させていただきます。

投稿者: おくだ歯科医院

2017.04.05更新

昨日くらいから暖かくなりました。

本当に待ち遠しかったです。

桜も一斉に咲き満開になっています。

ただ。。。陽が落ちると少し肌寒く感じますので

気温の差に気を付けて下さい。

投稿者: おくだ歯科医院