入れ歯・ブリッジ

保険で入れ歯を作る手順とその費用について

1型どり(1回目)

口の中全体を把握し、入れ歯の設計を決めます。

治療費
保険証
3割負担の方
老人保険
1~2割負担の方
1,400~2,000円 500~1,050円

2型どり(2回目)

専用のトレーで2回目の型をとります。

治療費
保険証
3割負担の方
老人保険
1~2割負担の方
1,500~2,300円 550~1,100円

3かみ合わせをとる

うわあごとしたあごの位置関係を再現し、 かみ合わせをとります。また、入れ歯の色をこの時点で決めます。

治療費
保険証
3割負担の方
老人保険
1~2割負担の方
1,800~2,300円 600~1,200円

4仮合わせ

バネや留め金をつけるまえに、 いちど合わせてみます。

治療費
保険証
3割負担の方
老人保険
1~2割負担の方
600~1,200円 200~400円

5入れ歯の装着と調整

つくりたての新しい入れ歯が、入れたときからなんの不具合もなく 、何でもうまく食べれるということは少なく、口のなかになじむまでには通常は数回の調整が必要になります。

治療費
保険証
3割負担の方
老人保険
1~2割負担の方
7,000~9,000円 2,300~3,000円

保険でぴったり入れ歯

古い入れ歯を長い間無理して使用してきたため、顔貌が老化してしまった。

2回型をとることによって、お口の中は正確に再現され、安定した入れ歯が作成される。(ステップ1~3)

完成前に仮り合わせをすることによって、寸法や歯の色などが決定される。(ステップ4~5)

お口の中の歯肉は、人の体の一部ですから、やせたり太ったりかたちが変化します。古い入れ歯は当然合わなくなり、口の中を傷つけたり、ものが食べづらくなります。また、顔のしわが増えるなどの顔貌も変化します。
入れ歯は決して高価なものではありません。少なくとも2~3年に一度はお取り替えするほうが、医学的にもよいと考えられます。

入れ歯

「入れ歯」は取り外しながら使用する歯です。

コーヌス入れ歯

アタッチメント義歯

ブリッジ

「ブリッジ」は固定式で外すことはありません。

前歯

臼歯

保険の治療では、歯を失ってしまった部分は、通常「入れ歯」か「ブリッジ」で治療します。

歯の状態によっては、「入れ歯」を「ブリッジ」にかえることもできます。
お気軽にご相談ください。