一般歯科

『綺麗な歯にしたい』『白い歯にしたい』などの要望がなく、歯の治療を行う場合は保険の診療が適応できます。

対応治療

虫歯

C0~C1

進行度合い 歯の表面だけが溶けている状態です。
自覚症状 痛みもありません。自覚症状がないので、定期健診などでしか発見するのが難しい状態です。
治療方法 まだ比較的に軽い症状ではあるので、プラークコントロールなどの1,2回の通院での完治も可能です。

C2

進行度合い 歯の硬い部分(エナメル質)を貫通し、やわらかい部分(象牙質)にまで虫歯が進行してしまっている状態です。
自覚症状 歯が沁みるなどの軽い自覚症状が発生する場合もあります。
治療方法 c1に比べると、虫歯が大きくなってはいますので、その部分を削り金属のかぶせ物などが必要になってきます。

C3

進行度合い 歯の神経まで達している深い虫歯です。
自覚症状 冷たいもので歯が沁みる、咬んだときに痛みを伴うなど、多くの方が自覚症状が発生します。
治療方法 無痛麻酔を用いて、歯の神経の治療を行います。その後、虫歯部分を消毒し、詰め物を行いまかぶせ物をかぶせます。

C4

進行度合い 歯の根元まで虫歯が到達してしまった状態です。
自覚症状 歯が根元しか残っていない状態です。
治療方法 C3と同様の治療のほかに、抜歯をしなければなない場合がほとんどで、入れ歯や、インプラントなどの治療が必要になります。

歯周病・歯肉炎

歯周病は予防歯科が最も効果的な対策方法であり、進行状況によってその症状も変わってきます。
またその進行状態により、通院期間が変わる為、経度であるうちの治療が一番ご負担の少ない治療が可能です。
また、重度歯周病になってしまうことで抜歯を行わなくてはいけない場合も高くなります。
早期発見、早期治療のためにも定期健診などの予防歯科が効果的になってきます。

軽度歯周病

進行度合い 歯と歯茎の間(歯周ポケット)にプラークが溜まり、歯茎が炎症を起こします。
自覚症状 ブラッシング時や硬い物を噛んだときに出血することがありますが、ほとんど自覚症状はありません。

中度歯周病

進行度合い プラーク(歯の汚れ)が固まることによって、歯石となります。
自覚症状 歯茎が赤くはれ上がり、ぶよぶよしてきます。骨が溶けだす場合もあります。

重度歯周病

進行度合い プラーク(歯の汚れ)が固まることによって、歯石となります。
自覚症状 歯がぐらぐらし、歯が抜けることが多いです。

知覚過敏

虫歯ではないのに歯が沁みる、キーンとするなどの症状が特徴です。
逆にズキズキした痛みや、何もしてないのに痛む場合は、虫歯などの他の病気の可能性が高いです。
一番の治療は予防歯科であり、日常のブラッシングや、専用の歯磨き粉を使用するなどです。
実際に症状が悪化してしまった場合は、フッ化物の塗布や、歯科素材での痛みの部分を覆ったり、レーザー治療などがあります。