レーザー治療

1痛みを最小限に抑えて切る

いわゆるレーザーメスとしての使用ですが、当院では「齲蝕が深いために少し歯肉を 切除する」場合や「歯肉炎で増殖した歯肉を切除する」場合などで使用しております。
その際には痛みや出血はほとんどありません。

2止血出来る

出血している部分を凝固させることにより止血が可能です。

3炎症を抑え、痛みを和らげる

歯周炎などによる急激な腫れや痛みを和らげることができます。
(ただし根本的な歯周病の治療は必要です)また、抜歯後や手術後に予想される腫れや痛みを事前に抑える事もできます。ほかには、不用意なブラッシングなどでできた傷や口内炎などが痛いときにも、劇的な効果が得られます。

4殺菌する

レーザーは殺菌作用がありますので、抜歯後や手術後にレーザーを照射することで傷口からの感染を予防する事ができます。

5傷が早く治る

レーザーによって切った傷もそうですが、不用意なブラッシングなどでできた傷や口内炎などもレーザーを照射することで通常よりも治りが早くなります。

6その他

メラニン色素が沈着して黒ずんだ歯肉の表面を一層、レーザーを照射し蒸散させることで元来のきれいで健康的な歯肉の色を取り戻すことなどもできます。